男女を産み分けるための下準備はどんなことが必要なの?

男女を産み分けるための下準備はどんなことが必要なの?

 

産み分けをする為に必要な下準備として一番大切なことは、まず健康な体を維持するということです。
女性にとって妊娠をするということは、大変負担になることで、昔の女性は命がけで子どもを産むほどでした。

 

現代の女性は、過度なダイエットやストレスなどにより生理が止まってしまったり、月経不順になる傾向が強くみられます。そういったことにならないよう、健康な体作りを心掛けましょう。

健康

妊娠をするために、生み分けにはまず健康!

 

生理が止まる、また生理の回数が少ない稀発月経、逆に多くなる頻発月経では、排卵が起こっていないこともあります。
基礎体温をつけて、きちんと排卵が起こっているか、順調か確認しましょう。

 

まずは排卵が起こっている事が大前提。そして排卵日の特定がある程度できないと、なかなか男女の産み分け、そして膣内環境をコントロールすることは難しいです。
男性も栄養状況に気をつけて、3ヶ月くらい前から健康な生活、そして栄養バランスの整った食事を摂りましょう。妊活には、なによりも健康な体、妊娠できる体作りが最も重要なことを忘れないでください。

 

また、性行為の体位によっても多少の性別コントロールはできます。女性の膣内は基本的に酸性が強くなっていますので、Y遺伝子にとっては過酷な環境です。そのため、膣内の粘液に沢山接すれば死んでしまいます。
それを利用し、性行為のときに浅めに挿入すれば、それだけ受精するまでの道のりが長くなるので男の子のY遺伝子が少なくなり、女の子のX遺伝子には有利です。深めに挿入すれば逆になります。

 

酸性、アルカリ性を利用?確実に産み分けを成功させる

体温計

 

女性は排卵日の前には、膣内環境が特に酸性になり、排卵するとアルカリ性になりますので、基礎体温などではっきり排卵日が分かる人は、そのスケジュール通りに受胎できるようにしましょう。

 

そしてそれにプラスして、潤滑ゼリーで体内を酸性、もしくはアルカリ性など、欲しい性別のほうに有利な膣内環境を整えるようにすれば、かなり確率は高まります。
なによりもリラックスして、まずは産み分けというよりは妊娠できるようにすることで、
欲しい性別の赤ちゃんが授かることでしょう。より確実に産み分けるには、産婦人科に相談したり、リン酸カルシウム利用やパーコール法を試すこともできます。