男の子の産み分けに挑戦

男の子の産み分けに挑戦!

 

現代社会において男の子よりの女の子を望む家庭が増えている一方、家を継ぐものとして男の子を欲しがる風潮も根強いです。最初の子供は男の子で、と考える家庭は多いことでしょう。

 

また、男の子の産み分けにチャレンジする場合、最初から確率的に優勢ですし、排卵日などの特定はしやすいことから、女の子の産み分けを目指すよりか、少し気楽に臨めると思います。

 

男の子の産み分けが人気な理由

おもちゃ

男の子の産み分けのほうが、簡単です!
自然妊娠でも、若干男の子のほうが産まれる確率が高いです。その上男の子になる男性のY染色体は、女の子のX染色体よりも動きが早く、精子の数も多いので、有利なのです。

 

不利な点としては、Y染色体は生存できる時間が1日と、X染色体より短い点です。

 

性行為中に女性がオルガズムを感じると、膣内がアルカリ性になります。そうすると、Y染色体にとっては心地よい環境になりますので、性行為の際は女性のホルモンバランスや気分を考慮するのも産み分けには大事です。男性側は数日禁欲して、子づくりの前に精子の数を増やしておくことも大切です。

 

現在の兆候として、男の子より女の子を望む家庭が増えています。ですが当然、家を継いだり、家族が頼りにする子供として、男の子を望む家庭も多いのもの事実です。その上、いまは男女を問わず、子どもをなかなか授からない人も増えています。そうした不妊のカップルにおいても、男の子のほうが妊娠のハードルは低いです。

 

性別を考えないで「とにかく子供ができれば」と考えているご夫婦、カップルにとっては、排卵日の特定をして、その日に受胎できるようにすれば良いのですから、男児のほうが授かりやすいのです。

 

すでに女児がいるなどして、次は男児が欲しいという希望がある場合は、潤滑ゼリーなどを使用して、妊活に励んでみるのもいいでしょう。産み分けも、実際第一子ではなく、第二子から考える人が多いようです。
なので、まずは妊娠することを第一に妊活を始めましょう。

 

 

男の子の産み分けで忘れてはいけないこと

赤ちゃん四つ葉

男の子は女の子に比べると、排卵日の特定が容易なことから、
産み分けするのがやさしいと考えられています。
ただし、完全に科学的な方法を用いない限り、100パーセント男児が産まれるということはありません。
常に女児が出来る可能性も考えておきましょう。

 

女性側が、毎日リンカルを飲んだり、男性側が少なくても5日程度禁欲が必要なのも、習慣化していない限り、難しい面もあります。女性が潤滑ゼリーを用いて、膣内をアルカリ性にしたりすれば、Y染色体にとっては有利になります。しかし、このY染色体のネックは、あまり生存期間が長くないことです。せっかくよい環境にいても、時間内に受精しなければ意味がないのです。

 

尚且、現代の女性は毎月生理があっても無排卵だったり、過激なダイエットなどで栄養不良に陥り、妊娠しづらい体質の人が増えています。ずっと妊活を続けていて、結果がでないときは、恥ずかしがることなく早めに専門医の治療を受けたほうがいいでしょう。