女の子の産み分けに挑戦!

女の子

産まれてくる子供の性別について、どちらかの性別を望むということは、倫理的な問題もあってあまり口にしないカップルが多いとは思います。

 

しかし、最近では女の子の人気が高まっているようです。
養子縁組をする場合も、女の子の赤ちゃんを希望するご夫婦、カップルが多いとのことですから、やはり今の時代女の子のほうが望まれているのでしょう。一般に女の子のほうが育てやすく、将来大きくなっても色々と一緒に楽しめるということが理由なようです。
また家長制度が廃れつつある現在。世継ぎのための男子が必ずしも必要ではなくなったことも、大きな理由だと考えられます。

 

実際にどれくらいの人が成功しているの?

 

専門医が科学的に立証した産み分け法を持ってしても、着床前診断以外、ほぼ100パーセントの産み分けは不可能とされています。最近の産み分け実施データでは、男の子を望んだ人で81%〜91%、女の子を希望した人で70%〜80%、と若干女の子の成功率のほうが低いようです。そのため、自然妊娠でも多少産み分けを考慮したとしても、女の子のほうが確率が低くなる訳で、そうなるとますます女の子のほうが欲しくなる、というジレンマがあるでしょう。

 

また、産み分けを考えても男の子、女の子の兄弟姉妹ばかりが続いてしまうご家庭もありますから、
やはりある程度は天まかせなのです。
望んでいた性別に産まれなくても、やはり自分の子供は可愛いものです。そして、現代では不妊が増えていますので、妊娠のハードルが高くなっているのも事実です。性別の垣根を越えて、産まれてきた子供を迎えられる余裕がある方が、産み分けも上手くいくのかもしれません。

 

女の子の産み分けはどんなところが大変なの?

 

カレンダー

女の子の産み分けは、排卵日の前にするのがコツと言われています。基礎体温をつけていれば、排卵日を特定することはできます。ただし、排卵日の前を特定するのは、生理周期が安定している人ではないと難しいところではあります。

 

また、男の子になるY遺伝子のほうが活動量が多く、素早く移動する上、一般的にY遺伝子のほうが数で優勢であるために、排卵日以降は男の子が産まれる確率が高くなります。男の子を産む方法のほうが、産み分けの意味では簡単かもしれません。

 

女の子を産もうとすると、それだけ妊娠率が低い時期、様々な方法を試すことになり、その分妊娠しづらくなるというデメリットもあります。排卵日でも潤滑ゼリーなどを用いて、なるべくにX遺伝子好ましい環境を作ってあげられるように努力をすることです。

 

排卵日の特定が難しいとはいっても、排卵日前であり、ちょうどY遺伝子がいなくなった当りに性行為を行うことで、女の子の確率が高まります。